<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

digital 1200計画

0
    昨日、Technicsのタンテを見てから急に欲しくなった。ぜんぜん、どう操作したらいいのかわからない領域のタンテ。でも、すごく魅力的に見えてたまりましぇん。

    考えてみたら、今までタンテっぽいのは、ビートマニアに始まり、ビートマニアに終わる。そんな状態で買っても大丈夫なのか・・・
    そんなことを考える冷静な自分と購入する商品の構成を考える自分がいた・・・

    欲しい構成(digital 1200)
    • タンテ SL-DZ1200-S × 2台
    • ミキサ SH-MZ1200-S × 1台
    • フォン RP-DH1200-S × 1台

    ほんとアホですね
    Technics ダイレクトドライブ デジタルターンテーブル シルバー SL-DZ1200-S
    Technics ダイレクトドライブ デジタルターンテーブル シルバー SL-DZ1200-S
    Technics DJミキサー シルバー SH-MZ1200-S
    Technics DJミキサー シルバー SH-MZ1200-S

    Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S
    Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S
    RISINGSUN * Recommend > DAW/DTM * 03:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    cakewalk SONAR5

    0
      年末にアップグレードちゃいましたo(^o^)o



      今回のバージョンアップで、気になる改善内容をピックアップ。

      >音を入力する
      • ミキシングやプラグインなど、トラックの設定が簡単に保存/呼び出し可能な「トラック・テンプレート」
      • 設定したスケールに合致したMIDIノートのみが入力できる「スケールのスナップ設定」
      • MIDIステップ入力機能を強化。入力データのリアルタイム表示を実現
      • トラック・ビュー画面内に組み込まれた「インライン・ピアノ・ロール」

      >音を仕上げる
      • ピーク・レベルを自動検出/表示できる「ピーク・マーカー」を新搭載
      • バスやソフトシンセの出力を視覚的に確認できる「波形プレビュー機能」
      • クイック・グルーヴ機能
      • オートメーション機能の強化

      >その他
      • プロジェクトのビデオ・ファイルをPCのDV端子から出力可能に

      等など。それ以外に新しく追加された機能も注目。
      • V-Vocal -> バリフレーズ・テクノロジーによるボーカルプロセッサー
      • Perfect Space -> 新開発のコンボリューション・リバーブ
      • Pentagon I -> アナログ・モデリング・シンセ
      • RXP REX Player -> REXファイル対応のサンプル・プレイバッカー
      • PSYN II -> バーチャル・アナログ・シンセ
      • Roland GROOVE SYNTH -> Roland grooveboxを再現
      • SFZ -> SounfFontに対応したサンプル・プレイバッカー


      注目すべきはV-Vocal。V-SYNTHユーザーとしては「バリフレーズ」というキーワードに少々敏感です^^;
      RISINGSUN * Recommend > DAW/DTM * 15:49 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      CW-SN4PE SONAR 4 ProducerEdition日本語版

      0
        愛用していています。結構軽いし、安定しています。
        オーディオもMIDIもどちらもバランスが取れていますが、どちらかというとオーディオですかね。
        Windows版しかありませんが、迷わず買った方がいいですよ。

        RISINGSUN * Recommend > DAW/DTM * 02:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
        このページの先頭へ